2009年11月04日

ゴスペラーズ十五周年漂流記 秋冬 盛岡公演 1

帰ってまいりました盛岡から。

マジ寒い。明日から何着ればいい?去年何着てたっけ?

ではでは、思いっきりねたばれしてるので気をつけてくださいね。

MCなどは漠然としたニュアンスで覚えてるので、そのまま受け取らないようにお願いします。


ではどぞー。

1.FIVE KEYS
2.The Ruler
3.Slow Luv

MC

4.Sweet
5.告白
6.Body Calling
7.ラヴ・ノーツ

MC

8.新大阪
9.輪舞
10.Right on,Babe
11.約束の季節

MC

12.Moon glows(on you)
13.讃歌
14.星屑の街
15.宇宙へ〜Reach for the sky¬

MC

16.1,2,3 for 5
17.ポーカーフェイス
18.熱帯夜
19.一筋の軌跡
20.永遠に
21.ひとり
22.誓い

アンコール

23.Fairwind
24.コーリング
25.Promise



開演前に流れていた曲は以前集いで作られた即興曲でした。
なんの曲だったか(「ボーリングの歌」だったか?)が終わったとたんに沸き起こる拍手。
しばらくすると客電が落ち、バンドメンバーがスタンバイ。
メンバーは高い部分に作られたセットに登場。
衣装は赤スーツに黒シャツ。細身の黒パンツ
ウチのチアチームのチームカラーでした。懐かしい。
スーツ襟にはラインストーン。キラキラ。
長身組の細く長い脚が拝めて眼福です。スタイルいいなぁ。
いきなり五鍵から。これにはびっくりしました。
「HEY!HEY!」の掛け声のときちょうど目の前に北山さんがジャンプしていたのですが、のっけからハラチラ寸前(いや、してたかも)の大ジャンプをかましてました。
続いてお久しぶりの「The Ruler」。
開始から怒涛のアゲ曲。もう汗だくです。もちろんヤスも汗だく湯上り。
演出はセルゲイのときとあんまり変わってなかったような。
拡声器酒井素敵。なんか中国語みたいだね。
「Slow Luv」も酒井さんが最高にカッコよかったです。
エロい。なんかエロい。すでに早くもエロス万歳。

村「お待たせしましたー!!盛岡―!!」
みたいなことからMCへ。ヤスはすでに後ろのほうで顔をタオルでごしごし。汗の拭き方男前。
酒 「マイクロフォンNo.1。愛知県刈谷市出身てんびん座のB型、酒井雄二です」
黒 「マイクロフォンNo.2。東京都八王子市出身おひつじ座のA型、黒沢薫です」
村 「マイクロフォンNo.3。大阪市吹田市出身おうし座の血液型不明、村上てつやです」
安 「マイクロフォンNo.4。福岡県福岡市出身しし座のB型(ウィンクバチコーン☆)安岡優です」
北 「マイクロフォンNo.5。青森県八戸市出身うお座のA型、やっと南部(?)に帰ってきました、北山陽一です」

なにきっかけでいったのか忘れちゃったけど、マイクスタンドが登場。
「Sweet」へ。
この曲の雷のSEと照明の演出が大好き。やられる。
赤いライトに映し出される赤鬼酒井さん。
この曲の「このまま〜♪」のコーラスも全力で出すもんだから顔険しいのなんのって。
でもステキ。
そしてリーダーはホントにエロイ。
「告白」は通常Ver.でしたね。この曲のダンスよかった。
手を下向きに押し出すような感じの状態で腰とともに左右にユラユラ。
伝わるかな?これステキ。むはー。
「Body〜」もねー、GT当初はこの曲ライブではちょっと歌いこなせてない感があったんだけど、これはホントよかった。間奏のダンスは黒ポンがなんとも言えなく微笑ましかった(笑)。
リーダーの「愛してるなら〜Baby♪」の「ら〜♪」のあたりがマジやばい。顔が。
これがバイブ効果です」(@音楽戦士)みたいなカンジ?
おまえすげえな」みたいなカンジ?エロス。
そして新曲「ラヴノーツ」
これいいねぇ。ホントいい曲。
平歌の安定感といい、じわじわくる胸キュンさ。
黒ポンのやさしい歌い方も好き。
テレビサイズでブリッジが無いのはホントにもったいない。
ライブではリーダーと北山さんのカラカラ声質コンビがまた切なく歌うんですよ。
二人で身がよじれんばかりに。
ホントに泣きそうになる。

北 (超低音で)「みなさんの後ろにある、そのラグジュアリーなソファに(なんだっけ?)・・・」
で着席。
村 「オリコン初登場5位「ラヴノーツ」聴いていただきました。
このタイミングで(アルバム発売直前)にみなさんに買っていただいてホントありがとうございます。
この曲の評判はすごい好いんだけど、みなさんそれだけじゃないでしょ?」
とニヤニヤ。
酒 「それはあなた何が原因だといいたいのでしょうか!?(詰問口調)」
村 「・・・・いやー今俺なんの役になればいいかわかんなかったけど・・・、カップリングね。」
酒 「ゴスペラーズのカップリングは昔から出し惜しみしませんからね!」
村 「あともうひとつね。」
と、焦らしプレイな流れから「ウィスキーがお好きでしょ」をフルコーラス。
若干キーが低めなような。

村 「みなさんにひとつご報告があります!CM出演が決定しました!!」
安 「最初はね、「CMでたいなぁー(←かわいい)」くらいの大きさだったんです。
そしたら春夏ツアー初日にちょうどサントリーの社員の方がいらしてて。
それから毎回言い続けたの。
そしたら最終日にサントリーの偉い方が来て、僕らの歌を使うって決めてくれた方が来て」
村 「もうね、冗談半分よ、「しーえむださせてくださぁーい」みたいな」
安 「禁じ手ですよ。「出させてください」で出られる世界じゃないからね」
村 「11月14日からOAです」

あと、リーダーが 良い声で「サントリー角瓶、よろしく〜おねがいします!」とか言ったら、「なんだか居酒屋とかの店員みたい」とか言われて。
「フロアは広めだったな」とか「オーダーするならこの人がいい!みたいな名物店員とかな」とか。
話が広がる広がる。

「新大阪」への流れが思い出せない。
セットの奥にビジョンが5枚、スペースを空けて並んでます。
ここに新大阪のPVが流れます。
冒頭の、別れ際のシーンからPVと同じ流れで生歌。
この流れもリーダーの歌いだしも素晴らしくてぐわーっと来ました。
ぶはーっとね、涙がね。どばー。
オケ有りVer.もすごい好きだけど、アカペラで久しぶりに聴いたら不意打ちで泣いてしまった。
次は「輪舞」。
ここからは歌の合間にセリフみたいなのが入ります。
四季にあわせて選曲してるんですね。「新大阪」が冬で、これが春。
これもよかったなぁ。ライブで聴くの初じゃないかな?あたし。
コーラスがくるくるしてるのがホント間近に見られてうっとり。
ヤス甘いねぇ。
んで夏は「Right〜」。
これもひさびさ。
酒井さんのファルセットも安心して聴けました。
秋は「約束の季節」。
この曲は私の涙腺をかなりチクチク刺激してくれるんですが、リーダーが歌詞をとばしました(笑)
「君の頬に触れた〜♪」のあたりだったかな?
うにゃむにゃ歌ってました。
北山さん苦笑い。
さすが初日。これぞ初日。
でもブリッジのあたりの年長組の歌い継ぎは凄い。高音部分もバッチリ。
最後のメンバーそれぞれのフェイク部分ですが、自分のパートを歌い終わった順で舞台袖にはけ、最後に黒ポンひとり残されました。

なにが始まるんだろうと思っていたら。
黒 「僕がグッズのプロデュースをさせてもらってから10年になります。「FIVE KEYS」のツアーのあたりからかな?たまには堂々とグッズの宣伝をさせてもらおうかな」
ということで、黒沢宣伝部長が登場。

「今日はなにがいいかなぁー」とちょこちょことドリンクを置いてあるテーブルへ。
かわいい。ああいうぜんまい仕掛けとか電池式とかのぬいぐるみ欲しい。

黒 「今日はこれ。ポンカレービーフでございます。
グッズはいろいろと嵩張ったり重いものもあるでしょ?正直あんまり好きじゃないアーティストのツアーグッズをお土産にもらっても困ることあるでしょ?
でもこれなら食べちゃえばおしまいだから。」
と宣伝部長がピンスポを浴びているときに、衣装チェンジしたヤスが舞台袖からそっと登場。
なんだかマイクを両手で口元のあたりで持ち、アイドル系のポーズでスタンバイ。
衣装は全身白スーツ。かなりスパンコールがちりばめられていて、キラキラ。
スーツ襟部分は黒。パンツ全体もけっこうキラキラしてたような。

黒 「そろそろね、いい加減にしろよっていう声が後ろから聞こえてきてますからね。
ここからはお芝居仕立てで進みます。

題して「冬のゆたか」」

黒ポンがはけ、ピンスポがヤスへ。


長くなってるので一旦分けまーす。

ゆたかオンステージは後ほど。


posted by えりつぃん at 03:17| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴスペラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。